ヴィトックスαとアルコールの相性の悪さをもっと詳しく!

ヴィトックスαとアルコール(お酒)の相性が悪いので、一緒には飲まない方がいい…とは書きましたが、それはどうしてなのでしょうか?

その理由をもっと掘り下げて調べてみました。

まず、体の中で一番頑張っている内臓ってどこだと思いますか?

心臓、胃、大腸…様々にあり、どこも頑張ってくれていますが、実は1番は肝臓なのではないかと考えられています。

肝臓は、あらゆる食べ物の栄養素や薬、サプリメントの成分を分解や吸収するための臓器です。

つまり、肝臓が上手く働かなければ私たちは栄養素を取り入れることもできないので、生きていけないということになります。

そして、同じようにアルコールの分解を行うのも肝臓の重大な役割です。

アルコール 肝臓

肝臓はアルコールを分解して、脂肪やエネルギーとして吸収して、そこから出た不要な老廃物はガスと水になって体の外に排出されます。

この働きがないと、アルコールが体の中にずっと滞在することになって、脳や心臓・血流などにとても悪影響なのです。

ここで、ヴィトックスαとアルコールに加えて、この肝臓の働きを考えてみます。

お酒を飲むと肝臓はそれを分解しようとしてフル稼働を始めます。

そこにサプリメントであるヴィトックスαを飲むと、頑張って働いている肝臓によって必要な成分まで分解されてしまいます。

逆に、必要以上に成分が吸収されることもあり、それによって副作用が起きやすくなるとも考えられるんです。

せっかくの増大効果がお酒によって妨げられるのはとってももったいないことですから、どうすればヴィトックスαとアルコール摂取を両立できるのかを考えて飲むと良いでしょう。

肝臓に負担をかけないようにと考えると、お酒を一時的に止めて、ヴィトックスαを飲むことに集中するのが一番最適ですが、お酒はストレス発散の方法にもなります。

ストレスもペニス増大にはあまりいい影響を与えないので、無理をしてまで禁酒するのはあまりおすすめできません。

ということは、逆にお酒を飲まない朝や昼の時間帯にヴィトックスαを集中して飲み、夜にはお酒を楽しむのがいいのではないでしょうか。

これなら、ヴィトックスαとアルコールの影響を心配しなくても良いですし、肝臓への負担も軽減することができますね。

ヴィトックスαとアルコールを同じタイミングで摂取するのは、禁止ではないにしろあまりいいことではありません。

ペニスが大きくなっても、体の調子が悪いのでは本末転倒。

元気な体で過ごすためにも、最もいいタイミングでサプリメントを飲み、お酒も楽しめると良いですね。

ただし、ずっとヴィトックスαを飲み続けるわけではないので、効率良く効果を実感したいなら、やはり一時的でもアルコールを控えることが一番良いということを頭の片隅に入れておきましょう。

 

→ヴィトックスαの詳しい説明はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ