ヴィトックスαで太さを増大!理想はどれくらい?

ヴィトックスαを飲んでいたり、これから飲もうとする人の多くは、どちらかというと“大きさ=長さ”が増大するというイメージを抱いているかと思います。

ですが、ペニスの大きさって長さだけでなく、太さも重要なんです。

ヴィトックスα 太さ

太すぎてもいけませんし、長くても細かったら女性は快感を得られないので、ちょうどいいサイズを目指していきたいものです。

そこで、ヴィトックスαで太さもアップしたいところですが、理想のペニスの太さってどれくらいなのでしょうか?

詳しく検証してみました。

平均サイズと理想のサイズ

まず、ペニスの長さの日本人の平均はというと、勃起時に13.5センチと言われています。

これは性行為の時に容易に女性の性感帯を刺激することができるサイズで、実は実際は7,8センチもあれば十分なんです。

といっても、やっぱり理想は追い求めたいですよね。

ですが、先に言ったように13センチあったとしても、太さが鉛筆のようだったら意味がありません。

女性が気持ちいいと思えて、逆に痛いと感じないくらいのペニスの太さが知りたいところです。

日本人男性のペニスの外周は勃起時に約11センチで、これはだいたいで直径が3~3.5センチになるくらいなので、自分のペニスを一度確認してみてください。

ヴィトックスαで太さももちろん増大することができますが、長さと同時に太さも大きくなっていくわけですので、どちらかというと長さの方に目が行きがちです。

そうなると、知らない間に太さが目標を上回っていることもあります。

太さが太すぎると、女性は気持ちいいだけではなくて、挿入時に痛みを感じてしまい性行為がうまくいかなくなることも。

女性側が痛いと感じる太さというのは、ひとりひとり異なるために、何センチからが痛のかいというのは一概に言えないのですが、まずは大きすぎる目標を立てるより日本人の平均を目指してみるのがいいのではないかと思います。

サイズを計測してみて、平均の直径3センチや外周11センチを下回っていたら、ヴィトックスαを飲んでいくときの途中経過の中で、太さにも注目していくようにしましょう。

細くもなく、太すぎることもない平均値というのは、結局は女性にとっても気持ちがいい数値なので、大きければ大きいほどいいというものではないです。

数字だけにとらわれすぎないように、長さとのバランスのとれたペニスの太さを目指していきたいですね。

ヴィトックスαで太さを増大するとしたら、目指す理想は日本人の平均値です。

これは、女性側から見ても気持ちがよく、そして痛みが少ないサイズです。

長さだけでなく太さもある、男らしいペニスを目指していきましょう。

→4年連続1位!ヴィトックスαの詳しい情報はこちらから

 

増大するなら挿入される側のホンネも知っておいて!

増大 女性

先ほども書きましたが、女性というのは大きすぎても痛みを感じることがありますし、大きさを自慢しても見たがるのは興味がある人だけ。

大きいから好きになるということはありません。

性を話題にする若い子やセックスが好きな人からしてみれば大きさも重要かもしれませんが、女性にとってはサイズ以上に気になるポイントがいくつかあります。

代表的なものはこちら。

早漏

早漏=気持ちよかったから早かったとか、遅漏より早漏がいいと思ってくれるのであれば良いですが、それにも限度があります。
前戯に時間をかけたり、ムードでカバーしたとしても物足りなさを感じることも。
中には挿入前にいってしまったことがトラウマになってしまう人もいますが、サイズ以外が早漏の原因であれば改善するようにしましょう。

遅漏

遅漏は疲れてしまったり、気持ちよくないのかな?と女性が自信を無くしてしまったりすることがあります。
男性からしてみれば自分が小さいからイケないと思うこともあるかもしれませんが、女性側だって何かしら自分に原因があるのか悩んでしまうことも。
挿入し続けると、女性の体にも負担になってしまうことがあるので気を付けましょう。

かたさ

かたさも女性からすれば、男性が気持ち良いかどうかを判断する基準になります。
もちろん精一杯でも個人差があるし、体調や気分、アルコールでも左右されますが、女性からしてみれば男性の気持ちとイコールで考えてしまいがちです。
男性も大きくなった気がするので、かたくなるというのは男女ともに良いことです。

包茎

仮性包茎は気を付けていれば清潔に保つことができますが、真性包茎やカントン包茎は見た目だけでなく、ニオイや不衛生さから嫌がる女性がいます。
知識がなければ気にならないこともありますが、亀頭が小さいと気持ちよさも変わってくるので満足できないこともあるのです。
性病になることもあるし、セックスができないこともあるだけでなく増大できないので、まずは治療をしましょう。
また仮性包茎でも重度の場合は治療したほうが良いことがあります。

男性なら当たり前のように聞くキーワードですが、増大にも関係するし女性にも関係してくるものなので、サイズだけでなくそれ以外のところも一緒に気を付けていきましょう。

 

男性のサイズで女性が傷つくことも

女性 傷つく

男性はサイズコンプレックスから増大をしようと思いますが、実は小さい・大きいというのはパートナーの女性にも関係してくることです。

まず小さいというのは気にしない女性も多いと言いますが、挿入時にゆるければ自分が大きいのでは?と思い、悩んでしまう女性もいます。

経験が増えれば男性が小さいことがわかるのですが、そうでない場合は自分が緩いことで男性が満足していないのではないかと不安になってしまう人もいるのです。

男女ともに相手を思えばこその不安や心配、というやつですね。

次に男性側が大きい場合。

挿入できなかったり、傷つけてしまったり、双方が痛いときにも女性は同じように不安を感じます。

特に痛くて挿入できないとなれば、セックスが苦痛にもなってしまうのでしたい気持ち以上に不安やトラウマが勝ってしまうことも。

初体験ならまだしも、経験のある大人がそうではうまくいきません。

どちらにしても好意があるうちは浮気されてしまうのでは?という不安になるし、体の相性が合わなくて冷めてこれば別れる原因になってしまいます。

性の不一致は離婚の原因にもなりますからね。

結果的に体の相性が悪いというのには、大きさが重要だと言ことですが、小さいからだけではなく、大きすぎるからというのも原因になることがあるのです。

なんでも「限度」があるということ!

男にとっては自慢の大きさでも、女性からしてみたら気持ちよくも何もないものになってしまうことが残念ながらあります。

男性にペニスの大きさがあるように、女性だって膣はそれぞれ違います。

今まで痛くてうまく挿入できなかった女性からしてみたら、小さな男性は理想の相手になることだってあるわけですし、その逆も言えることですが、女性は少しずつ慣らしていくことができます。

また、男女ともに大きいものは小さくできませんが小さなものは大きくすることができます。

増大をするときに女性のことを考えたサイズにすれば、満足させることができる!ということがわかりますね。

体の相性はお互い慣れれば合ってくることもありますが、大きすぎる相手では男女ともにうまくいかない可能性があります。

パートナーがいる人は特に!きちんと相手の様子を見ながらサイズアップしていきましょう。

→もれなくプラス1個!!ヴィトックスαの公式サイト限定キャンペーンへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ