ヴィトックスαは10代でも飲んでいい?効果はあるの?

ヴィトックスα 10代

ヴィトックスαは年齢問わず飲むことができますが、中高年や高齢者でも大丈夫!とはあるけど、逆に若い世代でも問題はないのでしょうか。

そういえば、ヴィトックスαを10代が飲んだ口コミって見かけませんよね。

一番若くても20代。

コンプレックスを持ち始めるのは10代ですが、増大サプリは平均月1万円くらいなので社会人にならないと継続して購入するのは難しいし、未成年にはオススメしていません。

ヴィトックスαに限らず、増大サプリで共通して言えることは
「飲むなら早い方がいい」

なぜなら、増大に重要なポイントになる成長ホルモンの分泌量が年齢と共に減少してしまうので、効果が出にくくなる可能性があるからです。

それなら、10代から!と思うかもしれませんが、10代は成長ホルモンの分泌量が多いので、増大サプリを飲まなくてもチントレを正しくしていけば、お金をかけなくても増大できる可能性が高いのです。

でも、効果が出やすいなら!と思うかもしれませんが、やっぱりオススメしません。

なぜなら、他のものに助けられてしまうと成長ホルモンが増えるというわけでなく、量が足りているから分泌を休んでしまう可能性があります。

サプリ自体の効果が出ても、後々ホルモンの分泌量がどうなるかを考えると、デメリットになってしまう可能性もゼロではないので「リスクがある」と考えた方が良いです。

今以上の効果を期待したいところですが、それでは意味がないです。

成長期で不足しているならサポートが必要かもしれませんが、10代の増大はサプリなしで充分なので、中高生で気になっている人はチントレだけでも充分に効果が期待できます。

勘違いしないで欲しいのは『副作用がある』と言うわけではないですよ。

ヴィトックスαを10代で飲むのは副作用に関しては問題ないと思うし、19歳がダメで20歳がいいというわけではないですからね。

ただ、若い人にはオススメができなかったり、効果があまりない成分もある可能性はあります。

それなら、お金を出してまで買う必要はありませんよね。

「10代でも大丈夫です!」なんていうものもあるかもしれませんが、ヴィトックスαでも成分的には問題がなければ10代でも大丈夫ってことです。

でも、飲まなくても自然な体の働きで充分にサイズアップが期待できるから、未成年は増大サプリに頼らず、生活習慣とチントレで頑張ってみる。

成長期に頑張ってもダメだったら、その次の手段として考えるようにしましょう。

増大は早い段階で頑張ることと成功率が上がります。

だから中高生でコンプレックスがあるなら、まずは正しい方法でチントレから始めてみてくださいね。

 

10代で増大サプリに興味を持つ人が知恵袋にも

いろいろな質問ができる知恵袋ですが、10代が増大サプリについて質問しているものがいくつかありました。

増大サプリ 知恵袋

そしてその回答の一部がこちら。

.増大サプリ知恵袋

10代の質問者は飲みたいけど、体のことに関して不安を感じていることがあるみたいです。

でも、それだけ真面目に考えているって良いことですよね。

それに対して回答は、サプリメントだから害はないけど10代のうちは生活を意識したり、チントレをしたほうがいいというような飲む必要はないよ的な意見ですね。

これは大人でもそうなんですが、増大サプリ関係なく、まずは増大ができる環境を作ってあげないと増大はできません。

サプリメントだってサポートなんだから、現状がマイナスだらけではプラスになるのは難しいです。

10代でも興味を持つというのは当たり前のことで、

  • 大きい子がいる
  • 剥けている
  • 皮をかぶってる
  • 毛が生えている

‥など、子どもの時に下半身を話題にするということは、小さいうちから男は目に見えるシンボルを他の人と見比べているのです。

そして、10代になってAVやら漫画やらエッチなものを見ていたり、女性との付き合いでもセックスを意識するようになると自分の大きさや形がすごく気になってしまい、コンプレックスになって増大をしたいと思うものなのです。

親にはココを理解してほしいし、男ならわかることだけど、でも増大したいと相談するのはかなり難しい。

でもね。

10代で増大したい!という人にはっきり言ってしまうと、マンガやAVで見たことのあるものは理想的な形だったり大きさだったりして、現実はそうでもなかったりするんです。

日本人の平均サイズとか見れば同じくらいだったりするし、大きすぎても女性が嫌がることも。

>>ヴィトックスαで太さを増大!理想はどれくらい?

もし、10代で増大サプリを考えるなら、まずは基本的なことから改善してチントレなどをしてみる。

それでもダメな場合にはひょっとしたら「増大できない原因」があるかもしれません。

⇒ヴィトックスα公式サイトへ

 

大きくならないのにはほかに原因があるかも

増大できない原因

10代で増大を頑張っているのに全然効果がない場合、何かしらの原因があることが考えられます。

成長期でも身長が伸びない場合、生活や病気といろいろな原因があり、まずそれを改善しないと身長が伸びないように、ペニスだって同じことが言えるのです。

遺伝についてはまたしっかり説明しますが、それ以外の原因として代表的なものが3つ。

やり方が間違っている

まず一番がこれ。
増大を頑張っているのに効果が出ない原因として、そのものが間違っている可能性があります。
たとえば、オナ禁をすればいいとか情報はたくさんありますが、根拠がないものもあるので間違った情報ばかりを信じて頑張っていても効果は期待できません。
またチントレも検索すれば出てきますが、正しい方法でしないと効果がないだけでなく傷めてしまうことがあります。

生活

増大に一番大切なのはコレ。
不規則な生活や睡眠不足、食事や運動不足、ストレスなど増大を左右するものはいくつもあります。
これらを改善しなければどんなに頑張ってもマイナス要素が多ければ増大も難しくなります。
また、10代のうちから喫煙や飲酒をする人がいますが、大人でも良い影響はないので絶対にやめましょう。

包茎

小さいから皮が余っているという場合もありますが、包茎にも種類があり真性包茎やカントン包茎は治療が必要になります。
また仮性包茎でも重度になれば皮が邪魔して成長できなくなってしまうことも。
恥ずかしいと思うかもしれませんが、増大できない以外にも病気になったり、セックスができないこともあるので、増大より先に治療をしましょう。

せっかく10代で自然に大きくなる可能性があるのに、それを妨げてはもったいないです。

もし上記の原因があるなら、早めに改善しましょう。

 

ぶっちゃけ遺伝て本当にあるの?

ペニスの大きさについて、気になるのが遺伝。

身長と同じようにペニスのサイズも親の遺伝があるのでは?と思うこと、ありませんか?

でも、身長は遺伝性の病気がある以外は環境の方が重要で、ペニスも同じようなことが言えます。

たしかに親が小さい人は大きい人よりも小さくなる可能性は高いかもしれませんが、生活環境や体質が関係していることが多く、改善することはいくらでもできます。

ペニス 遺伝

コンプレックスがあって自分が悩んでいたとしたら子どもはそうはならないように育てることもできるので、子どもが言いにくい包茎の治療も早めに親が気遣うことだってできるのです。

父親が小さいからといって自分も小さいというわけではありません。

親に悩みを打ち明けるのは難しいことですが、もし包茎など自力で改善ができずに治療が必要な場合は病院に相談しましょう。

ちなみに生活に支障をきたす場合は保険適用にもなります。

親が保険証を管理していることも多いと思うので、理解ある男親や兄に言ってみるとより早く悩みを解消することができます。

手っ取り早くヴィトックスαではなく、10代の増大は最後の手段として考えてください。

⇒ヴィトックスα公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ